ハンドフルート

2016年4月22日

こんにちは。アレンジメントケア裾野の広報委員です。

4月中旬、ハンドフルートの奏者の方に当施設に来所頂き、
その音色を利用者様と一緒に聴かせて頂きました。

ハンドフルートとは、手笛の事で、
「両手で空洞を作り、右手と左手の親指を合わせた隙間に息を吹き入れて鳴らす技術。
 笛とは言うが、実際に楽器が存在するわけではない。別名ハンドオカリナ、ハンドフルート」と
ググったら出てきました。

実際に演奏を聴いてみると、
様々な鳥の鳴き声や海の動物の鳴き声等によく似た音が発せられ、
利用者の皆様も興味深そうに聴いておられました。
また、演奏の合間合間に冗談などを交えて下さっていたので和気あいあいとした
雰囲気の演奏会になりました♪
ハンドフルート (640x480)

そして、その日のお昼は行事食でした。
天ぷらの盛り合わせ、桜海老の炊き込みご飯、菜の花のピーナッツ和え、
などなど春を彩ったメニューになっておりました。
見た目に華やかで可愛い食事でしたが味も抜群に良かったです。
利用者様もご飯を食べて「美味しい」と感想を伝えて下さる方もおり、大成功でした。

4月行事食 (640x480)

5月の行事もこの調子で皆様が楽しめるような催しを企画して行きたいと思います!


コメントをどうぞ

介護のご相談、資料請求などお気軽にお電話ください。見学随時OK!