平成の夏、後僅か

2018年8月27日

気付けば八月も後僅か、閲覧されております方々お久しゅうございます。アレンジメントケア箱根広報委員です。
先日25日にアレンジメント箱根の夏祭りも事故無く無事終了いたしました。
見にいらっしゃれなかった方もおられるとお思いですが、今年度は昨年度よりも規模が小さいながら見にいらっしゃった方に楽しんで頂く為小さいなりに職員一同色々とやって参りました。
食べ物のお店につきましては5種類あり、チョコバナナ、マンゴー、ところてん、かき氷、アイスクリームを提供させて頂きました。
特にご好評頂けた品物はチョコバナナ、そして、かき氷でした。
出し物につきましては、昨年と同じく外部からお越し頂いた方々による様々な踊りを披露され、昨年同様に利用者様にもご好評頂けた様子でした。
そのうちの一つエイサーにつきましたは年々、参加可能な人員が減少し、今年は二人のみとなってしまい人数不足から夏祭りの計画段階では項目から外す方針も立っておりました。しかし、楽しみにされておられる方もいらっしゃるとの事で、項目には入れていなかったものの、司会の方にも協力して頂きサプライズで一曲のみ行うという形で行う形で最終的には行う事が出来ました。
エイサーにつきましたは、若い職員が主となり強制でもない為、人員が集まらないという現時点では実行が厳しい面がありますが、喜んで頂けている、という事もあり少ないながら翌年も実行できるよう検討はしていこうと思っております。

夏祭りが終わるともう8月も終わります。
今年で平成の夏も最後となり、来年の五月頃には新しい年号に変わります。
様々な出来事のあった平成も後数か月。
残す季節は秋と冬。新しい年号になっても大きな変化はございませんが、平成という大きな変化が幾つもあった年号が終わるというのは少し名残おしさを感じます。
次の年号を気にしつつも利用者様には引き続き良き生活を送って頂けるよう勤めて参りたいとおもいます。


 | 

介護のご相談、資料請求などお気軽にお電話ください。見学随時OK!