仕事・職場紹介

採用TOP > 仕事・職場紹介

有料老人ホームの介護職員

職員

当社の有料老人ホームは、介護保険法上の「特定施設」という施設の指定を県から受けています。そのため、日常介護が必要な方のご入居のご希望が多くあります。 有料老人ホームの場合、グループホームよりも人数も規模も大きくなりますので、グループホームのような家庭の雰囲気とは違う、生活空間となります。食事も厨房担当が作りますし、掃除も専門に担当がいます。

それにより、有料老人ホームでの介護職員は、より「介護」の仕事に特化することができます。食事・排泄・入浴介助は当たり前ですが、それらに加え、お一人お一人のご希望に沿う介護の形を作っていくことができます。

例えば、レストランにご飯を食べに行きたいというご要望があれば、何らかの形でそれを実現するようにします。 もちろん、状況にもよるので全部かなえられるわけではありませんが、ご利用者の希望にできるだけ沿えるよう検討していきます。 また、介護職だけでなく、他の専門職が働いていますので、それぞれ専門職の立場からご利用者の生活に対して検討し、ケアの実現をしていくことができます。 これはグループホームにはない仕事のおもしろみの一つではないでしょうか。


老人ホームイベント

有料老人ホームというのは法律上の定義でカバーするところはとても広く、どのようなことに注力しているか、というのは施設の特色であり、職員の仕事の方向性とも成り得ます。 そういった意味では、私たち日本ケアクオリティの有料老人ホームは、グループホームのケアで培った「個別ケア」を活かした施設運営に取り組んでいます。ご利用者お一人お一人を「集団の一人」としてではなく、 「個人」として対応する。そこには、お一人お一人の生活歴や生き様を反映させることが大切です。

職員とご利用者、ご利用者同士がたくさんコミュニケーションをとることで、個人を活かすようにしていきます。 介護の必要な方もそうでない方も、アレンジメントケアに入居してよかったと思っていただけるようにケアを行っております。そのためには、職員一人一人が利用者さまと向き合い利用者さまとの関係づくりをすることや他職種との連携を通して、 よりよいケアを作り上げていっています。

アレンジメントケア箱根仙石原

一日の流れ

介護職員は早番、日勤、遅番、夜勤の4交代制です。


【例:日勤の場合】

8:30 申送り
排泄介助、バイタル測定、入浴準備
10:00 体操・お茶の提供
11:00 排泄介助、トイレ誘導
12:00 昼食(食事介助、服薬介助)
13:00 居室へ誘導
入浴介助(日によって)
(火曜日は午後、ご入居者様と買い物に行きます)
15:00 おやつ
16:00 排泄確認、ゴミ集め
17:00 勤務終了

【例:夜勤の場合】

16:30 申送り、排泄介助
17:00 配薬準備、夕食セッティング
18:00 夕食(食事介助)、口腔ケア、就寝介助
20:00 バイタル測定、眠前配薬
21:00 巡視、記録記入
22:00 コール対応、翌日の準備など
23:00 巡視、排泄介助、コール対応
〈2時間おきの巡視〉
6:00 起床介助
7:30 朝食(食事介助)、口腔ケア
8:30 申送り、勤務終了


60代:女性

毎日が目まぐるしく動いています。大変と言えば大変ですが、ご入居者様のホッとしているお顔を見たり、 「ありがとう」と声をかけられた時、自分が何かに役立っているのではと感じることができます。

やりがい

いわゆる身体的な介護、プラスアルファでそのご入居者様の為に何ができるか考えることが、やりがいに繋がります。



20代:女性

有料老人ホームでは、ご入居者様の個々のニーズに合った対応をするのが大変です。生活支援として買い物にも行きますが、量が多くて大変なことも。それでも、ご入居者様にありがとうと言ってもらえることでやりがいを感じています。


60代:男性

自立の方から要介護5の方までとご入居者様の状態も幅広く、対応(ケア)が異なります。 人とダイレクトに接する仕事で、施設は365日24時間体制ですから、精神面でのストレスや肉体的疲労もあります。でも、ご入居者様が信頼して任せて下さる時や対応(ケア)に笑顔で応えて下さる時にはやりがいを感じます。


寮生活

アレンジメントケア箱根仙石原は社員施設から徒歩3分程度のところに完備。テレビや冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、洗濯機、コンロなど生活に必要な家電も一通り揃っているので、生活も始め易く安心です。



20代:女性

就職を考えた時、寮があることは重視しました。キッチンがもう少し広かったら使いやすいですが、家電などは生活する上で必要なものは揃っています。寮の環境は住みやすく、箱根は観光地なので楽しいです。生活に困ることは特にありませんが、出身地では雪が降らないので、服装に困ることがある位です。あとは、同僚同士、気持ちよく生活できるよう、ゴミの出し方などルールを決めています。


50代:女性

寮のあるところを探していました。家具などもだいたい揃っています。冬は雪が降ると大変ですが、冬以外は過ごし易くて景色もよくいいと思います。掃除などは気が付いた時にお互い自主的にやっています。


日本ケアクオリティには、職員が働きやすい環境があります。

働きやすい環境1

資格取得をサポート

基本的に資格のない方を育てていくというスタンスです。
そして、介護士として自立できる人材の育成を手がけています。
そのため、資格取得(初任者・実務者)のための研修費用を援助するなどサポート体制を整えていますので、 無資格、未経験からのスタートの方でも安心です。
無資格の方はまず3年間、実務を身に付けつつ勉強していただき、介護福祉士の取得を目指してください。

新卒のみなさまへ

無資格からでも計画的にキャリアアップ、昇格を目指しましょう。

資格・昇格
賃金モデル

働きやすい環境2

人材育成室

入職時には、勤務地に入る前に研修を行います。未経験の方は介護の基礎をしっかりと学んでから、実際の介護の現場に行くので、安心して働き始めることができます。
経験者はお持ちの経験とスキルを活かし、即戦力として活躍でき、またスキルアップできる環境です。

働きやすい環境3

福利厚生リロクラブ

福利厚生リロクラブに加入しており、さまざまな特典・割引サービスを受けることができます。
例えば、アミューズメントパークの割引、映画やホテル、旅行の割引・特典から、育児支援のサービスまで、 さまざまなコンテンツをご利用いただけます。
プライベートもリロクラブの特典を使って、リフレッシュし、充実させてほしいと思っています。

数字で見る日本ケアクオリティの職員(平成28年8月基準 在籍職員375名)

ENTRYご応募はこちらから